餃子の馬渡


【宮崎】餃子は完全栄養食として有名?

【宮崎餃子】餃子が完全栄養食と呼ばれる理由とは?

餃子は様々な食材を詰め合わせた料理のため完全栄養食とも呼ばれています。しかし、カルシウムや食物繊維など不足する栄養素もあるため、他の食事で補うことが大切です。餃子の馬渡では宮崎餃子を販売しています。

餃子は完全栄養食として有名である!

ルーペの中にあるビックリマーク

餃子は五大栄養素がバランスよく含まれているため、完全栄養食と呼ばれています。餃子には、たんぱく質・脂質・糖質・ビタミン・ナトリウムなど様々な栄養素が含まれているためです。しかし、カルシウムや食物繊維など、餃子だけでは補えない栄養素もあります。
こちらでは、餃子が完全栄養食といわれる理由や餃子に含まれる栄養素、不足しがちな栄養素を補うポイントについてご紹介します。

なぜ餃子が完全栄養食といわれるのか

餃子は小麦粉を原料とする皮に、挽肉やキャベツ、ニラ、にんにくなどの具を包んだ人気料理です。餃子には、五大栄養素と呼ばれるたんぱく質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラルがバランスよく含まれています。餃子は食事の三大栄養素であるたんぱく質・糖質・脂質のバランスがよく、ビタミンやミネラルも豊富に含まれていることから、完全栄養食といわれているのです。

餃子に含まれる栄養素を紹介

餃子に含まれている主な栄養素をご紹介します。

・たんぱく質:餃子では挽肉に多く含まれており、筋肉や皮膚、血液などの体を作る材料として必要です。また、免疫力の向上や疲労回復の促進につながる働きもあります。

・脂質:餃子では調理時の油や挽肉に多く含まれており、エネルギー源としてだけでなく、細胞膜やホルモンの材料としても重要です。また、脂溶性ビタミン(A・D・E・K)の吸収促進や、皮膚や粘膜の保護にも役立ちます。

・糖質:餃子では皮である小麦粉に多く含まれ、体の主要なエネルギー源として必要な栄養素です。また、脳や神経系の働きを正常に保つためにも重要です。餃子の皮以外にも、キャベツやニラなどの野菜にも多少含まれています。食後血糖値の上昇を抑えるためには、食物繊維やたんぱく質と一緒に摂ることがおすすめです。

・ビタミンA:餃子ではキャベツやニラに多く含まれます。目の健康や免疫力を維持するために必要で、皮膚・粘膜の再生や老化防止にも関与します。ビタミンAは脂溶性ですので、油と一緒に摂ると吸収率が高まります。

・ビタミンB1:餃子では豚挽肉に多く含まれ、糖質の代謝を促進し、エネルギーを作り出すために必要です。また、神経系の働きを正常に保つためにも重要です。キャベツなどの野菜にも多少含まれています。

・ビタミンB2:餃子では豚挽肉に多く含まれ、たんぱく質や脂質の代謝を促進し、エネルギーを作り出すために必要です。また、皮膚や粘膜の健康を維持するためにも重要です。

・ビタミンC:餃子ではキャベツやニラ、生姜、にんにくなどに含まれ、コラーゲンの合成を促進し、皮膚や骨、歯などの組織を強化するために必要です。また、抗酸化作用や免疫力向上にも関与します。

・ナトリウム:体液の量や血圧を調節するために必要で、神経伝達や筋肉収縮にも関与します。餃子のナトリウムは、主に皮や具材に加えられる塩から摂取可能です。しかし、過剰摂取は高血圧やむくみなどの原因になるため注意しましょう。

餃子に不足しがちな栄養素を補うポイント

餃子は完全栄養食といわれていますが、カルシウム・ビタミン・食物繊維などの不足しがちな栄養素があります。これらの栄養素を餃子と一緒に摂るためのポイントをご紹介します。

・主食を玄米や雑穀ご飯、麦ご飯にする

白米よりも玄米や雑穀ご飯、麦ご飯のほうが、ビタミン類や食物繊維が多く含まれています。また、白米よりも血糖値の上昇を抑える効果もあります。

・汁物や副菜で海藻類・豆類を取り入れる

海藻類や豆類には、カルシウムやカリウム、食物繊維が豊富に含まれています。また、海藻類はナトリウムの排出促進、豆類はたんぱく質やビタミンB群の吸収に役立ちます。

もっちり餃子の秘密

餃子を食べる際には玄米や海藻類などを取り入れましょう

玄米おにぎり

餃子は様々な食材が詰まった料理のため、完全栄養食と呼ばれる人気の高い料理です。餃子には、たんぱく質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラルの五大栄養素がバランスよく含まれています。しかし不足しがちな栄養素もあるため、他の食事で補うことが大切です。食卓に餃子を出す際は、主食を白米から玄米や雑穀米に変えてみましょう。また、汁物や副菜で海藻類・豆類を取り入れることもおすすめです。

宮崎餃子の老舗店である餃子の馬渡では、こだわりの宮崎餃子を販売しています。宮崎県産のニラやにんにくなど、厳選された国産の食材を使用しています。挽肉も国内産の豚肉と牛肉を合わせた合挽肉で、オリジナルの調合で組み合わせることで素材そのものの旨味を味わえることが特徴的です。保存料や着色料は一切使用せず、添加物も極力使用していませんので、お子様からご年配の方まで安心してお召し上がりいただけます。家庭の食卓に餃子を出そうと考えている方は、ぜひ餃子の馬渡の商品をお試しください。

おすすめ商品一覧

餃子の専門店がご紹介!餃子についてのお役立ちコラム

人気の宮崎餃子を購入するなら餃子の馬渡

会社名 株式会社 餃子の馬渡
サービス名 餃子専門店 餃子の馬渡
住所 〒884-0001 宮崎県児湯郡高鍋町589
TEL 0983-35-4441
FAX 0983-35-4442
営業時間 9:00〜17:00
店休日 日曜日・火曜日
メール info@mawatari.net
URL https://shop.mawatari.net/

商品カテゴリから探す

価格帯から探す

最近見た商品

餃子の馬渡 〒884-0001 宮崎県児湯郡高鍋町589

Copyright©Gyozanomawatari Co., Ltd. All Rights Reserved